増殖中!オタク系ECサービス5選

増殖中!オタク系ECサービス5選

アニメやマンガ、ゲームなどの二次元キャラクターグッズや同人誌などを扱う「オタク系」ECサービスのリリースが増えています。

同様のお店・ECサービスは以前から存在しますが、最近登場したものは、ユーザー同士が商品を出品・購入することで手数料などの負担が軽減できるCtoCサービスがほとんどです。

こうしたジャンルでは、イベントで直接クリエイターと買い手が商品をやり取りする習慣がすでに根付いているため、CtoCとは親和性が高いのかもしれませんね。

商品カテゴリ・機能が類似したサービスが多数スタートし、これから競争が激しくなりそうな「オタク」「サブカル」ジャンルのECサービスをまとめました。

どのサービスが主流となるのか、 またはどのように差別化していくのかに注目し、各種サービスを比較してみても面白いかもしれません。


最新のオタク・サブカル系CtoCサービス

にじいろ☆

nijiiro

https://www.2ji-iro.jp/

看板キャラクターは痛グッズ・イラスト作成が趣味の「七星なな」。

現在は事前登録キャンペーン中。

2014年5月にiPhoneアプリ、夏にAndroidアプリ・PC版をリリース予定。

ヴィレッジヴァンガードマーケット

vireban

http://market.village-v.co.jp/

「遊べる本屋」のキャッチコピーで知られる書籍・雑貨などの販売店「ヴィレッジヴァンガード」によるマーケット。

ネットショップ開設サービス「STORES」を利用し、自分の作品を販売できる。

2014年4月4日リリース。

とらのあなマーケット

toranoana

http://market.toranoana.jp/

同カテゴリ商品の店舗販売・委託販売も行う「とらのあな」が運営するCtoCマーケット。こちらも「STORES」を利用。

2014年3月24日リリース。

otamart

otamart

http://otamart.com/

イメージキャラクターは「レンタルマギカ」などのキャラクターデザインで人気のイラストレーターpako氏制作の「小田まこ」。

2014年3月21日にiPhoneアプリ、3月27日にAndroidアプリをリリース。

A2mato

a2mato

https://a2mato.com/

二次元だけでなく、アイドルグッズやライブチケットも取り扱う。

2014年1月9日にiPhoneアプリリリース。PC版も稼働中。

※おまけ Tokyo Otaku Mode

otaku-ec

http://otakumode.com/

2011年にfacebookページのみでスタートした、アニメやコスプレなど日本の「オタク文化」の海外向け発信サイト。facebookファンは1400万人以上。

グッズや同人誌などの販売も行う。

海外向けサービスTokyo Otaku Modeがすでに大きな成功を収めていることから、こうした「オタク系EC」の需要は海外にもあることがわかります。

今回ご紹介したような、今、勢いを増しているオタク系CtoCサービスが活性化し、Tokyo Otaku Mode同様に海外とも取引できるものが出てくれば、日本国内のEC市場全体にも影響が出てくるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr