意外と知らないIT用語「独自ドメイン」を取得しておこう

独自ドメインでのショップ運営が効果を発揮するのはこんな時

楽天やYahoo!ショッピングなどのモールを利用する場合と、EC-CUBEなどを使ってモールに頼らず独自にショップを運用する場合には、それぞれ異なるメリットがあります。

今回は「ドメイン」に着目して、両者の違いをご説明します。

rt@phokt@rihjrtpoijh


ドメインとは

ウェブを閲覧する時には、ブラウザを通してURLを指定しますね。

URLは、画像やHTMLなどのページを形成するデータのファイルが、ウェブ上のどこにあるかを示しています。

URL)http://www.sample.com/shop/gift.html

ドメインとは、このURLの一部です。

ドメイン)sample.com

ドメインは「sample」のような任意の文字列と「.com」や「.jp」のような定形の文字列を組み合わせで構成されており、重複することのないよう専門機関によって管理されています。


独自ドメインとは

モール上のショップには、rakuten.co.jpやstore.shopping.yahoo.co.jpなど、モール固有のドメインがあり、ショップのURLはその下の階層に作られます。

一方、EC-CUBEなどを使って独自にショップを構築する場合には、任意の文字列を指定し、オリジナルのドメインを作成して利用することができます。


独自ドメインのメリット

企業のコーポレートサイトが独自ドメインを取得せず、無料のブログサービス上で運用されていたら「ここは大丈夫かな……?」あるいは「できたばかりの会社なのかな」「ちょっと変わった会社かも」と思いませんか?

独自ドメインは、信頼性の証明になります。

また、モールやサーバー・ブログサービスなどから提供されるドメインは、モールの使用をやめたり、サーバー移転・サービス終了などが発生した場合、移転先へと引き継ぐことができません。

独自ドメインなら、どこへ移行しても、被リンクや検索エンジンからの評価、お客さんのブックマークなどに影響を与えず、ずっと同じものを使い続けることができます。


独自ドメインでショップを運用するメリット

大手ショッピングモールは圧倒的な集客力・信頼性を備えた「ブランド」です。

しかし、そのモール内に店舗を構える場合、モールでなくショップのファン=リピーターを獲得し、ショップの「ブランド力」をさらに伸ばしていく、という運用は難しくもあります。

一方、モールに頼らないショップには、ランニングコストの安さや自由なカスタマイズ以外にも「独自ドメインをブランドとして育てられる」というメリットがあります。

オリジナル商品を扱っていたり、コアなファンのつく個性的な商品をラインナップするショップの場合は特に、長い目で見た長所・短所を考慮することが重要となるでしょう。


ドメイン取得

ドメインは先着順で契約した人のものになります、年間数百円~安価で取得することが可能ですので

先にドメインだけ取得しておくと良いでしょう。

ムームードメイン

国内最安のドメイン取得サイトです、とにかく安く取得したい場合はムームードメインがおすすめ。

http://muumuu-domain.com

お名前ドットコム

あなたが会社の場合はお名前ドットコムがおすすめです、領収書発行など会社に必要な機能が揃っています。キャンペーン時はムームードメインより安くなることもあります。

http://www.onamae.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr