SEOを始める前に〜人を集めるキーワードを調べよう

SEOを始める前に〜人を集めるキーワードを調べよう

SEOの基本は検索数チェックです。

検索数の多いキーワードは、人通りの多いメインストリートのようなもので、上位表示できれば、たくさんの人にショップのウィンドウを見てもらうチャンスが作れます。

メインストリートに店を構えれば(検索数の多いキーワードで上位表示すれば)必ずお客さんが増える・商品を買ってもらえるという訳ではありませんが、チャンスは確実に大きくなりますよね。

まずは、扱う商品の検索時によく使われるキーワード、すなわちメインストリートを調べることからはじめましょう。

osieughoitrushegt


メインストリートを調べるツール

Googleの提供する検索連動広告サービス、Google AdWordsの機能の一部である「キーワードプランナー」を使えば、指定したキーワードの検索数や、指定したキーワードを含む複合キーワードを無料で調べることができます。


Google AdWordsの始め方

Googleアカウントさえあれば、こちら(https://adwords.google.co.jp/ko/KeywordPlanner/Home?__o=kta)からすぐにAdWords・キーワードプランナーを開始できます。

※Googleアカウントがない場合は、こちら(https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja‎)からまずはGoogleアカウントを作成してください。


キーワードプランナーの使い方

1)Google AdWordsにログイン

2)メニューバー「ツールと分析」に含まれる「キーワードプランナー」を選択

3)表示されたオプションの中から「キーワードの検索ボリュームを取得」を選択

上記プロセスにて、指定キーワード・指定キーワードを含む複合キーワードの検索数※がわかります。

※12ヶ月の平均で割り出した、月間平均検索数です。

1ヶ月間におよそどのくらいの回数検索されたかがわかります。


上位表示の競争率を予測する

検索数の多いキーワードは、競合サイトのレベルや上位表示の競争率も高いことが多いです。

キーワードプランナーを使った調査の際には、検索数だけでなく「競合性」もチェックしてみてください。

「競合性」は、そのキーワードでGoogle AdWords広告を出稿している広告主の多さを示す指標で、低・中・高の三段階で表示されます。

多くの広告が出稿されている人気キーワードは、上位表示の競争率も高いと予想されます。

検索数の多い人気キーワードでSEOを実施しても、上位表示できなければ、集客効果は期待できません。

検索数だけでなく、競争率、自サイトのGoogleページランク、今後の費用などさまざまな条件を考慮し、適切なキーワードを選ぶようにしましょう。

※参考

・Google AdWords ヘルプ

「AdWords アカウントを作成する」

https://support.google.com/adwords/answer/1704354?hl=ja&ref_topic=3123056

「キーワード プランナーを使用してキーワード候補とトラフィックの見積もりを取得する」

https://support.google.com/adwords/answer/2999770

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr