コミュニティと結びつくCtoC

コミュニティと結びつくCtoC

趣味を同じくするユーザー・好みの合うユーザーが集い、直接作品を売り買いできるSNSが増えています。

baby-business

無料コンテンツの公開や、ユーザー同士のつながりが情報の拡散・作品の販売数に大きく影響するこうしたCtoCサービスには、一般的なECサイトの集客にも役立つヒントがありそうです。

SNSと連携するEC(あるいはECと連携するSNS)をまとめました。


SNSと連携するECサービス5選

note

https://note.mu/

文章、画像、音楽、映像を公開・販売できるサービス。

投稿時に無料公開・有料販売を選択する。

有料販売の金額は税込100円〜10,000円で自由に設定可能。

手数料は売上金額から決済手数料を引いた金額の10%、決済手数料は売上金額の5%。

運営元は有料のコンテンツ配信サービスcakesを運営するピースオブケイク。

サービス開始は2014年4月7日。

BOOTH

https://booth.pm/ja

イラストSNS、pixivと連携するショップ作成サービス。

商品の保管・配送を代行する倉庫サービスも併設している。

BOOTHユーザーはpixivでのフォロワーにBOOTHに出品した新着商品を通知できる。

2014年4月現在、販売手数料は商品代金+送料の3.6%。

サービス開始は2013年12月19日。

minne

http://minne.com/

アクセサリーや雑貨、おもちゃなど幅広いハンドメイド作品を展示・販売できる。

minneで販売開始したアイテムは、運営元(GMOペパボ)を同じくするオンラインショッピングモール「カラメル」に自動出品可能。

販売手数料は10%。

サービス開始は2012年。

Ravelry

https://www.ravelry.com/

編み物愛好者の海外SNS。

ユーザーは今編んでいる作品の写真を公開したり、進捗状況を管理できる他、編み図の販売ができる。

販売手数料は変動性で、1ヶ月の売上が30ドル以下の場合は無料、30~100ドルの場合は月間売上総額の5%。

サービス開始は2008年。

SoundCloud

https://soundcloud.com/

自作の音楽をウェブ上で公開・販売できる海外発の音楽SNS。

無料版ユーザーでも合計120分までの音楽ファイルを公開できる。

Twitterのリツイートのようなユーザー同士の投稿拡散機能(Repost)を搭載。

SoundCloudそのものには決済システムはないものの、曲ごとに「Buy」ボタンを追加でき、好きな販売システムを誘導先に指定することができる。

サービス開始は2008年。

※参考

ネットコンシェルジュ

「初心者から上級者まで楽しめる編み物のコミュニティ型ECサイト「Ravelry」」

http://netconcierge.jp/blog/2014/03/ecravelry.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr