楽天で気軽に顧客単価アップ!ついで買い購入カゴの作り方

「裏ワザ」は各モールでは正式にアナウンスされていない技術情報が含まれます、実行は自己責任にてお願い致します。また、各モールの仕様は日々更新されます、投稿から時間が経過している場合は情報が古くなっている場合があります。

ついで買い購入カゴとは

「ついで買い購入カゴ」とはお客様に購入ボタンを押してもらう前に、ついでに買ってもらえるように設置する買い物カゴのこと。

コンビニやスーパーで並んでいる時に、レジ前にあるガムやアメなどを買うつもりはなかったのに ついでに買ってしまうことがありますよね。

supar

それのWEB版だと思ってもらえれば分かりやすいかと思います。「画面遷移をせずに買い物カゴに入れられる」というのがついで買い購入カゴのミソになります。

300


ついで買い購入カゴの作り方

まずは練習として項目別選択在庫などの付いていない単在庫の商品で説明します。

楽天ランキング常連のアンファーさんのスカルプDを例についで買い購入カゴを作ってみましょう。


ついで買い購入カゴを作るには「店舗ID」と「商品ID」を調べる必要があります

この2つは楽天市場から自動で割り振られる数字で店舗側で決めることの出来る値ではありません

「店舗ID」と「商品ID」は「レビューを見る」で確認が可能です


ついで買い購入カゴを作りたい商品のレビューを見るをクリック

cap001

遷移先のURLの中央にある数字の羅列がそれぞれ「店舗ID」と「商品ID」になります

cap002

※レビューが一件もない場合はこんなURLになっていると思います(端の数字は不要)

cap003


この「店舗ID」と「商品ID」を以下のソースに入れればついで買い購入カゴの完成です。

商品画像や説明を入れたりして見栄えを良くして下さい。

アドバイスとしまして、なるべく低単価の商品のほうがついでに買ってもらえる確率も高くなると思います。

<form method="post" data-timesale-id="[商品ID]" target="_blank" action="https://basket.step.rakuten.co.jp/rms/mall/bs/cartadd/set">
<input value="1" type="text" size="4" name="units" id="units">
<input value="買い物かごに入れる" type="submit" id="" data-timesale-id="">
<input value="ES01_003_001" type="hidden" name="__event">
<input value="[店舗ID]" type="hidden" name="shop_bid">
<input value="[商品ID]" type="hidden" name="item_id">
<input value="1" type="hidden" name="inventory_flag">
</form>

注意

実際に使用する場合には、商品ページに該当ソースを直接記述は出来ないのでHTMLとして保存し、楽天GOLDに転送した後iframeなどで呼び出す必要があります。

当然ですが、静的なHTMLですので在庫がなくなった場合に売り切れ表示に変わったりはしません。

本裏技は一部有名店舗などで長らく使われてきた技ですが。楽天市場がCSRF対策などをすると突然使えなくなったりすると思いますので予めそのリスクも分かった上で使って下さいませ。








「裏ワザ」は各モールでは正式にアナウンスされていない技術情報が含まれます、実行は自己責任にてお願い致します。また、各モールの仕様は日々更新されます、投稿から時間が経過している場合は情報が古くなっている場合があります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr